PAGE TOP  看板マートのTOPへ戻る

アクリル銘板のデータを作成する際に、ご注意して頂くポイントを紹介しております。

PAGE TOP  看板マートのTOPへ戻る

>HOME  >看板販売  >アクリル銘板  >データを作成する際の注意事項

データを作成される際の注意事項

アクリル銘板のデータを作成する際、必須となる項目について紹介するページです。
初めて入稿される場合やデータの作成方法が分からない場合などにご利用ください。

完全データ入稿時の対応ソフトについて

完全データとは、業界の標準で使用されているイラストレーター(Adobe Illustrator)
フォトショップ(Adobe Photoshop)で作成されたものが、基本となります。

Adobe ・Illustrator /Photoshop

保存形式がCC以下であれば、それ以下で作られたものでも問題はありません。
ファイル形式が .ai/.eps/.psd (拡張子は必ずつけてください)

ご注意

データ製作の注意点

カラーモードは、RGBではなくCMYKで作成

RGBで製作されたデータを、フルカラー出力する場合は、インクがCMYKのため色が変わります。
(パソコン状とプリンターで出力した場合の見え方の違いを、ご想像ください)

文字はすべてアウトライン化

アウトライン化とは

データ上の画像や文字は仕上がりサイズより内30mm

アクリル銘板には、アクリル板と壁面を固定するためのビスが上下左右に4つ付きます。
その為、データを作成される際はビスにデータが被らないよう仕上がりサイズより30mm以上内側に入れる必要があります。

失敗例・成功例

出力シートについて

データ製作サイズ

データの背景がベタ塗り・または白以外の場合、仕上がりに+10mm程塗り足しを付けてご入稿ください。
(製作上必要となります)

ポイント

画像解像度は実寸で最低300dpi必要・リンク画像の確認

画像データを使用される場合、解像度は実寸で最低100dpi程度ある必要があります。
それ以下となると、プリントした際に画像がぼけて見える可能性が出てきます。
悩んだ場合は、原寸サイズで部分的にプリントアウトしてみてください。それが製作時の見え方です。
配置した画像データは、埋め込みせず(リンクのままで名前も変えずに)、必ず一緒に入稿してください。

また画像を添付される際、埋め込みがされていないとリンクが切れてしまう可能性があります。
リンクのウィンドウから「画像の埋め込み」を選択する。もしくは、リンク画像とデータを一緒に入れてご入稿ください。

画像のリンクについて

プリンターの色について

お客さまが、プリントされた色と弊社のプリンターでは色が異なります。
(CMYKでの色指示では、プリンタによっての出力時の誤差が生じます)
指定色がある場合や、色にこだわりがある場合は、必ず下記のどれかの方法でご指示ください。
近似色にて対応させていただきます。

  • ご注意
  • データに関して、色指示がある場合は、DICやPANTONE、シートの色見本、日本塗料工業色などで、ご指示ください。
  • お客様がプリントされた色見本(カラーカンプ)を郵送ください。
  • 有名店舗の色でのご指示(電話メーカーのオレンジとか・・)
  • お客様のデータにて、縮小サンプルを提出します。

シートカット・切文字について

文字データのかすれや細かいものは×

シートやアクリル切文字をカットする際、線が細いものや毛筆の書体などは製作が困難となります。
データ上でシートカットが困難と判断された場合、改めてお客様に線を太くしていただいたデータを再入稿していただくかもしくはこちらで調整を行う形となります。
※調整は有料となります。

太さはシート切文字は1mm以上、アクリル切文字は2mm以上を推奨しております。
※また、アクリル切文字は細いほど壁との接着面が狭く耐久性が落ちる可能性があることをご了承願います。

製作が難しい例

レイアウトをご希望される場合

看板マートによるデータ作成をご利用頂く場合追加料金が発生致します。
詳しい内容につきましては以下のご利用上の案内を確認ください。

テンプレートダウンロード

営業日カレンダー

有限会社タクミスタジオ 看板マート事業部

 看板マートのメールアドレス info@kanbanmart.com
本部 〒511-1103 三重県桑名市長島町中川683-1
TEL 0594-41-0266   FAX 0594-42-5489